PowerDirector 動画編集ソフト

PowerDirector用 追加アドオンのインストール方法

追加アドオンのインストール方法PowerDirector

PowerDirector 365のサブスクリプション契約をすると無料で使用することができるアドオン素材集。今回はアドオンについて解説していきます。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

スポンサーリンク

PowerDirector用アドオンとは

PowerDirector 365 & Director Suite 365 ユーザーなら、有料のプレミアムプラグイン & エフェクトを無制限にご利用可能

通常だと有料で販売しているエフェクトや素材集が、PowerDirector 365 と Director Suite 365のユーザーであれば無料で使い放題になります。映像素材・エフェクト・BGM・効果音・プラグインなどなど60種類以上のパックがあり豊富なラインナップになっています。

またこちらのアドオンは毎月新しいパックが2~3個追加されているので、年々パワーアップしてお得感が増していきます。仮にアドオンを全て有料で購入した場合は、20万円以上もしてしまいます。PowerDirector 365の年間のサブスクリプション料金は8,480円ですがアドオンも使い放題ですので、8,480円以上の価値はあると私は思います。

PowerDirector用アドオンのインストール方法

インストール方法は簡単です。

アプリケーションマネージャー アイコン

まずは「サイバーリンク アプリケーション マネージャー」を開きます。

アドオンのインストール方法 1

「パック」「音楽」のタブを開いて下さい。最新のダウンロードできるパックがある場合は赤い点が付いています。

アドオンのインストール方法 2

「パック」の中を見ると、インストールが済んでいないパックが青く表示されています。今回は「PowerDirector用 天気パーティクルパック」をインストールします。青色の「インストール」ボタンを押してください。

アドオンのインストール方法 3

使用許諾契約書に同意します。

アドオンのインストール方法 4

すぐにダウンロードとインストールが始まります。

アドオンのインストール方法 5

「インストール済み」になればOKです。

インストールしたアドオンを確認

PowerDirectorを立ち上げて編集画面を開いて下さい。今回は「PowerDirector用 天気パーティクルパック」をインストールしたので、パーティクルのアイコンをクリックしてみましょう。

アドオンのインストール方法 6

「天気パーティクルパック」が確認できました。インストール成功です。

まとめ

毎月新しいアドオンが追加されるのですが、自動でインストールはしてくれません。必ずアプリケーションマネージャーで追加されたアドオンはないか確認し、自分でインストールしましょう。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

シェアする
スポンサーリンク
動画Pro.com