動画編集ソフト

Windowsの無料ソフト「フォト」で簡単スライドショーを編集

windowsフォト スライドショー動画編集ソフト

Windows10には「フォト」という無料ソフトが入っています。
この「フォト」にはビューワー機能だけでなく簡単な動画・写真の編集機能があります。
今回は「フォト」を使用したスライドショーの作り方を解説していきます。

今回の編集での最終的なスライドショーはこちらです。

Windowsの無料ソフト「フォト」で簡単スライドショーを編集
Windowsの無料ソフト「フォト」で簡単スライドショーを編集
スポンサーリンク

Windows「フォト」で簡単スライドショー

① 写真を選択して「フォト」の編集画面を開こう

windowsフォト 写真選択

写真の入っているフォルダーから、まずは1枚選択して【右クリック】
【プログラムから開く】から【フォト】を選択して起動します。

windowsフォト ビューワー

「フォト」のビューワーが起動しました。
次に編集画面へと移動します。画面左上をご覧ください。

windowsフォト 追加先

「+追加先」を選択します。

windowsフォト 音楽入りビデオ

上のような画面が立ち上がります。
今回は【音楽入り新しいビデオ】を選択しましょう。

windowsフォト 名前をつける

適当な名前を付けて【ビデオの作成】をクリックします。

windowsフォト ビデオの表示

【ビデオの作成】をクリックすると「フォト」画面に戻ります。
画面上部にある【ビデオの表示】をクリック。

windowsフォト 編集画面

この様な編集画面が現れます。まずは第一段階終了です。

②「フォト」に写真を追加、ストーリーを作ろう

続いて、スライドショーに追加する写真 や音楽を決めて、ストーリーボードと呼ばれる
写真を出す順番を決めていきます。

windowsフォト 写真を追加

まずは写真の追加です。画面左上の【+追加】ボタンをクリックして、
スライドショーに追加したい写真を選択します。

写真の追加する際にエラーが出る場合は【+追加】ボタンを使わずに、
ドラッグ&ドロップで直接写真を入れることもできます。

windowsフォト メディアライブラリー

写真が追加されたら、次にストーリーボードへ左から順番に並べていきます。
取り込んだ写真をドラッグ&ドロップで次々に画面下のストーリーボードへ並べていきましょう。
写真の順番を変更したい時などは、ストーリーボード上で写真をドラッグ&ドロップすれば
自由に移動させることができます。

windowsフォト BGMの追加

次にBGMを入れていきます。画面右上にある【BGM】をクリックします。

使いたいBGMファイルがある場合は【カスタムオーディオ】から曲を追加します。

windowsフォト BGM選択

BGMの選択画面が出てくるので好きな曲を選択します。
「ビデオを音楽のビートに同期する」をチェックすると、BGMのテンポで写真を見せる長さを
自動調整してくれます。今回はチェックを外しておきましょう。
曲を決めたら【完了】をクリックします。

③ タイトルや写真に動きを付けよう!

「フォト」では写真や動画の簡単な加工もできます。まずはどの様な加工ができるのか解説していきます。

タイトルカードの追加

全面にカラーとタイトルを追加します。
写真と同じように何秒表示させるか決めることができます。
タイトルを消すと、白だけ黒だけなどカラーベースとしても使用できます。

期間

写真やタイトルカードなどの尺を決めます。ストーリーボードで選択した後【期間】を押すと
尺の長さを変更できます。ストーリーボード上で秒数をクリックしても変更が可能です。

モーション

写真や動画、タイトルなどに動きを付けます。

フィルター

セピアやモノクロなど色味を加工できます。細かい指定はできません。

では実際に動きを付けていきます。

ストーリーボードに並べた写真に動きを付けたい場合は、
写真1枚ずつ動きを設定する必要があります。
まずはストーリーボード上で動かしたい写真を選択。 選択したら【モーション】をクリック。

windowsフォト モーション
windowsフォト モーション選択

モーションは10種類あるので好きな動きを選択します。今回は【拡大、中央へ】

続いて全面にカラーベースのタイトルを入れていきます。
カラーベースを挿入したい次の写真を選択して【タイトルカードの追加】をクリックします。

windowsフォト タイトルカード追加

入力したい文字を右上のテキストの中に打ち込みます。

打ち込んだ文字に動きを付ける場合は「アニメーション化されるテキストスタイル」から
好きな動きを選択します。

最後に右下の文字のレイアウトも決めていきましょう。

雰囲気作りの為にフィルターで写真や動画の色味を加工していきます。

windowsフォト フィルター選択

フィルターは全部で14種類あります。セピアやインク(モノクロ)などは使い勝手がいいですね。

以上で編集は終わりです。再生をして気になる個所を微調整していきましょう。

④「フォト」で動画ファイルで書き出す

全ての編集作業が終わったら、動画ファイルへ書き出します。
画面右上にある【ビデオの完了】をクリックしましょう。
書き出せるファイルはMP4のみで、3種類のサイズが選べます。
「1080」「720」「540」一番画質が綺麗なのは「1080」になりますので、
こちらで書き出しましょう。

今回は40秒程度を「1080」で動画ファイルに書き出しましたが、
ファイル容量は8MB程度です。完成したデータを送るとしても軽いファイルに
なりますので、書き出す場合は「1080」での大きいサイズをお勧めします。

最後に書き出したファイルを再生して、きちんとファイルになったか確認しましょう。

Windowsの無料ソフト「フォト」で簡単スライドショーを編集
Windowsの無料ソフト「フォト」で簡単スライドショーを編集

「フォト」まとめ

Windowsではムービーメーカーが使えなくなり、無料ソフトの「フォト」で動画や写真の編集を
代用することは可能です。やれることは限られていますが、だれでも簡単に使うことができますので、あなたも是非チャレンジしてみてください!

シェアする
スポンサーリンク
動画Pro.com