PowerDirector 動画編集ソフト

「シェイプトランジション」でポップに場面転換

PowerDirector

パワーディレクターに新しく追加された「シェイプトランジション」

カラフルなボーダーのワイプエフェクトで、動画編集を簡単にポップな映像へと仕上げてくれます。

通常4,380円しますが、PowerDirector365ユーザーなら無料で使用可能です!

今回は「シェイプトランジション」の使用方法について解説していきます。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

サイバーリンク

スポンサーリンク

「シェイプトランジション」でポップに場面転換

「シェイプトランジション」とは?

百聞は一見に如かず!まずはデモ映像をご覧ください。

Shapes Transition Pack | PowerDirector 365

Shapes Transition Pack | PowerDirector 365

いかがでしょうか。

「シェイプトランジション」では、とてもカラフルなトランジションが全部で10種類用意されています。

どれも簡単に使用可能ですので、使い方をご説明します。

「シェイプトランジション」をインストール

CyberLinkアプリケーションマネージャーを開き【エフェクトパック】から「シェイプトランジションパック」をインストールして下さい。

PowerDirector365のユーザーでしたら無料でダウンロードができます。

追加アドオンのインストール方法はこちらで詳しく解説しています。

「シェイプトランジション」の使い方

「シェイプトランジション」をインストール出来たら実際に編集で使用してみましょう。

シェイプトランジションは、タイムラインに並べた映像の繋ぎ目に適用させます。

この場合、1カット目と2カット目の間です。

【トランジションルーム】から【幾何学模様】へと進んでください。

オーバーラップシェイプという名前のエフェクトが今回使用する「シェイプトランジション」になります。

好みのトランジションをドラッグ&ドロップするだけでエフェクトが適用されます。

元に戻したい場合は【Ctrl+Z】で1つ戻るか、タイムラインでエフェクトを選択して【Delete】しましょう。

スポンサーリンク

「シェイプトランジション」詳細設定

「シェイプトランジション」はエフェクトの所要時間と、【オーバーラップ】【クロス】かを選択できます。

① 適用させたトランジションを選択します。

【修正】をクリック

トランジションの設定画面です。

【所要時間】はトランジションのタイムです。1;00であれば1秒間のエフェクトになります。

【使用するトランジション動作を選択】

こちらは少しだけ厄介なのでご説明します。

【オーバーラップ】【クロス】の二つの選択肢があるのですが、どちらもエフェクト自体に影響するわけでなく、タイムラインに並べた映像に影響してきます。

【オーバーラップ】の場合

【オーバーラップ】にすると、画像のように10秒だったタイムラインがエフェクトのタイム(この場合1秒)だけ短くなります。

利点としては「動いている映像でエフェクトを適用できる」という点です。

【クロス】の場合

オーバーラップと違い【クロス】にすると、タイムラインの尺の変動はありません。

しかし、「動いている映像でエフェクトが適用されなくなります」

画像のように、エフェクトを適用した【赤い部分】を自動で静止画を作成してくれます。

トータルの尺は変動しませんが、足りない部分を静止画にされてしまうので、エフェクトに少し違和感がでる可能性があります。

このようにエフェクトの半分は静止画になってしまいます。

【オーバーラップ】

・エフェクト中は全て動画

・エフェクトの適用タイム分、全体の尺が短くなる

【クロス】

・エフェクト中の半分は静止画

・タイムラインの尺は変わらずにエフェクトが使える

以上のことを頭に入れてエフェクトを使用して下さい。

まとめ

パワーディレクターに新しく追加された「シェイプトランジション」は、とても簡単にポップなエフェクトを追加することができます。

エフェクトの特性を理解し、動画編集に役立てて下さい!

シェアする
スポンサーリンク
動画Pro.com