PowerDirector 動画編集ソフト

PowerDirector 追加パッケージ 2019年12月

追加アドオン2019年12月PowerDirector

PowerDirecotor 365を契約している方は無料で追加できるアドオン素材。12月の追加パックをご紹介します。今月は有料で購入したら8760円もの追加パックが、 PowerDirector 365ユーザーなら無料で使えちゃうのが嬉しいですね。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

スポンサーリンク

追加① 効果音 - オフィス

オフィスをテーマにした 20種類の効果音素材集です。キーボードを叩く、電話音、ハサミで紙を切る、紙にペンで書く、セロテープを出す音などが収録されています。

追加② TVタイトルパック

テレビで見かけるニュース、スポーツ、ドキュメンタリーのようなテロップのスタイルを表現した豊富なタイトルテンプレートが追加されました。

TV Broadcast Title Pack for PowerDirector
TV Broadcast Title Pack for PowerDirector
TV Broadcast Title for PowerDirector 02
TV Broadcast Title for PowerDirector 02
TV Broadcast Title Pack for PowerDirector 03
TV Broadcast Title Pack for PowerDirector 03
TV Broadcast Title Pack for PowerDirector 04
TV Broadcast Title Pack for PowerDirector 04

この手のタイトルテンプレートは、1から作ると大変で時間がいくらあっても足りません。60種類も追加されてかなりお得ですね。テンプレートは文字は打ち換えて使用するのですが、あまり微調整が出来ないのが難点です。しかし、ピタッとハマるようなテンプレートが見つかれば、かなりの時短になると思います。

追加③ LUTパック - アーバン

RAWデータで撮影された素材の際に活用できるLUTパックです。このLUTカラーパックを使って、すばやくお好みの色味を適用することができます。都会をテーマにした 12種類のユニークな LUT カラープリセットが含まれており、各デザインに2種類のカラーセットが用意されているため、
全部で 24種類のプリセットを使用することが可能になります。

Urban Minimalist LUT Pack for PowerDirector
Urban Minimalist LUT Pack for PowerDirector

編集では映像の色を決めていくことは重要な作業になります。
映画やCMではカラリストと呼ばれる作品の色を決める技術者が専属でいることもあるほどです。LUTカラーパックを使用しておおまかな色を決めてから微調節していくと便利かもしれません。

今月は3つも追加になったアドオンパック。来月も追加が楽しみですね。
何度も書きますが、  PowerDirector 365ユーザーであれば60以上あるアドオンパックを無料で使用することができます。是非ダウンロードして使用してみてください。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

シェアする
スポンサーリンク
動画Pro.com