PowerDirector 動画編集ソフト

PowerDirector365はどんな編集ができるの?ソフトの魅力をご紹介①

powerdirector365の魅力その1PowerDirector

PowerDirector 365ってどんな編集機能があって、どんな映像が編集ができるの?と購入前には不安になるかと思います。今回はPowerDirector 365の魅力的な機能の一部をご紹介していきます。ソフトを購入前にぜひ一度読んでみてください。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

スポンサーリンク

PowerDirector 365のプロモーションビデオ

まずはPowerDirector 365 のプロモーションビデオを見て下さい。こんなことが出来ちゃうのか!と少しワクワクしてきます。

The Best Video Editing Software for YouTubers & Vloggers | PowerDirector 365 (2019) | CyberLink
The Best Video Editing Software for YouTubers & Vloggers | PowerDirector 365 (2019) | CyberLink

あまりにも機能が多すぎて目まぐるしく思いますが、PowerDirector 365 はそれだけ高機能を備えていると言えます。その中でも特におススメの機能を厳選してご紹介していきます。

豊富すぎるプレミアムアドオン素材集

PowerDirector 365 に契約すると、PowerDirector用のエフェクトのテンプレートやBGMや効果音などの素材が使い放題になります。シーン別の素材がパックになっていて「BGM-サスペンス」パックなら、ホラー映画で使われそうなBGMが10曲入っていたり、「ハロウィン」パックならカボチャなどのアニメーションが入っていたりなど、画像はその1部ですが全部で50種類以上のパックが存在します。

PowerDirectorプレミアムアドオン集

「ホリデーパック11」の中身を見てみましょう。

  • 24種類のPiPテンプレート
  • 12種類のタイトルテンプレート
  • 6種類のパーティクルテンプレート
  • 3種類のメニューテンプレート
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: PiP
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: PiP
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: Title Template B
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: Title Template B
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: Particle Templates
Holiday Pack Vol. 11 for PowerDirector: Particle Templates

1パックにクリスマス用のテンプレートがこれほど入っています。テンプレートは文字を打ち換えたりして利用も可能です。ホリデーパック11は通常4,380円のところ PowerDirector 365 の契約者は無料で使用できる上に、クリスマスのBGM集まで使用できるようになります。

こんな豊富に詰め込まれたパックが50以上もあり、シーンに合わせた使い方もできます。それが使い放題になるのでかなりお得です。さらにこの素材集は毎月追加されているのでどんどんお得感が増していきます。

映像編集においては、BGMやテンプレートなどがあることによって映像が華やかになりますし、何よりも時短につながります!

複数のカメラに対応!マルチカムデザイナー&コラージュデザイナー

最大4画面に対応したマルチカムデザイナー! 編集初心者でこれを1から作ろうとしたら大変な時間を費やしてしまいますが、これが簡単に作れてしまう優れた機能です。

PowerDirector – Using Video Collage Designer | CyberLink
PowerDirector – Using Video Collage Designer | CyberLink

このお手本動画だとギターを弾いている人のサイズ感が同じなので、いまいち機能を生かせていない気もしますが・・・。マルチ画面にするなら、顔や手元のアップがあったり、人物の全体がわかるほどカメラを引いた映像もあると、マルチ画面の見栄えも良くなると思います。

例えば運動会で自分のビデオカメラ、パパ友のビデオカメラ、ママがスマホで撮影、ママ友もスマホで撮影、これだけで同じ場面を4つのカメラで撮影できます。そんな時にこの機能が本領を発揮します。画面をマルチにすると複数のカメラの同期をさせたり、画面のデザインで悩んだり、画面に動きをつけたりと面倒な作業が多いのですが、それが少しの手間で可能になるのでとてもありがたい機能です。

表現力が増したデザインツール

まだまだ衰えを知らないYoutubeですが、有名Youtuberになればなるほど動画にテロップが多くなっています。スマホで音が出せない環境でも視聴できるように、コメントを全部フォローしたり、強調させたいテロップを派手に出したり、編集のプロでも面倒なことやってるなぁと思うこともしばしば。

そんなテロップの加工や映像の加工を簡単にしてくれるデザインツールが PowerDirector 365 には多くあります。

PowerDirectorデザインツール

マスク、DVDメニューのデザイン、トランジションの作成、ワイプ画面、タイトルデザイナー、さまざまなテーマのテンプレートなどなど。簡単に映像加工をすることができます。

まとめ

PowerDirector 365の価格でこれだけのツールを備えた編集ソフトはなかなかありません。更にこういったツールや素材関係は、決められた形でしか編集で使うことができないものが多いのですが、PowerDirector 365はツールを自分でカスタマイズできるのも大きなポイントです。

編集を簡単に!そして自由に!

まだまだソフトの魅力はありますのでまた次回に。

PowerDirector 365 は、PowerDirector 18 の全ての編集機能を備えた動画編集ソフトです。定期的に追加される新機能と、エフェクト、テンプレート、BGM、効果音をご利用いただけます。

シェアする
スポンサーリンク
動画Pro.com